ネオシティへ移住しませんか? ~To the world!ここはNCT~

こんにちは。

今回は東方神起、少女時代、SHINee、EXOなどなどを輩出したSMエンターテイメントから2016年にデビューしたNCTというグループをご紹介したいと思います。

何を隠そう私の現最推しグルです。

推しグルの紹介をしてみたい!という夢をここで叶えたいと思います。

これがDream comes trueと言うのですね。

 

ただの喋りたがりオタクの独り言ですが、お付き合いくださったら嬉しいです〜

ヨルシミハゲッスムニダ!

 

 

NCT”とは?

 

NCT=”Neo Culture Technology”

 

まさにこれです。確実にテストに出ます。

これさえ覚えておけば赤点は回避できます。

NCTとは先程も書いたように「ネオ・カルチャー・テクノロジー」の略なのですが、「開放」と「拡張」をテーマとしていまして、

で?だから何なのかというと…

NCTは活動グループやメンバーの数の制限がないという、これまでの「グループ」という概念をいろんな意味でぶっ壊した非常にネオなグループなのです。

そして、NCTとそのファン達はネオシティという都市に住んでいます。(という設定で私は生きています。)

 

NCTのここがNeoだよ。

 

そんなネオなグループNCTはたくさんのネオな特徴があるのでさっくりご紹介したいと思います。(さっきからネオネオ言いすぎておかしくなりそう)

 

1.とにかく人数が多い

 

そう、何てったって人数が多い。

まあメンバーの数の制限がないからそうなるわな?という感じなのですが…

デビューした2016年から徐々に人数が増えていき、2020年にも新たに2人が加入し、現在(2021年2月)では総勢23人所属しています。

www.youtube.com

パッとサムネイルを見ていただいただけでお分かりいただけると思います。

軽くイケパラの集合写真みたいですよね?

これが発表された時に「まじ修学旅行じゃん草」みたいなこと言われてる呟きを見て笑ったのを今でも鮮明に覚えています。

 

それがこれですね↓

訳:これ本当にクラスの子達だけで現場体験とか修学旅行行って、団体写真撮ったみたいㅋㅋ

  

 

2.ハーバード並みに高い顔面偏差値

 

ちょっとハーバード大学に偏差値というものが存在するかは知りませんが、よくこんなイケメンばっかり世界中から集めたな?っていうぐらい。

いや、「イ・ケ・メ・ン」と言う4文字では表せられないほどのビジュアル。

しかも、常に神ビジュアルなのでNCTを推し始めるとカメラロールの容量が更に圧迫されます。

みなさん、容量のご準備を。

さすがイケメンを集めるために悪魔に魂を売ったとまで言われるsmのことだけある。

え、どれくらいかって?

とりあえずさっきのNCT2020 「Year Party」 の動画を見ていただきたい。答えはすぐわかります。

f:id:mymidnightstars:20210202163115j:image

 

3.イケメンなのにただのイケメンで終わらない

 

全員がビジュアル担当だけではなく、23人それぞれボーカル・ラップ・ダンスなどにおけるスペックとスキルが文句無しに高いのです。

NCTというと突拍子もない独特な曲が多く(?)、パフォーマンスや特にタイトル曲ではラップが目立つアップテンポの曲が多いので、ボーカルのイメージを持たれる方少ないかも知れませんが、実はボーカルもやばめのメンツ揃ってます。

ちなみにNCTのお笑いの方は…

以前ノジェム*1シティと揶揄されたほどですが、決して面白くないという訳ではございません。ネオシティでは曲同様に独特な笑い・シュールな笑い・カオスな笑いが繰り広げられています。

そして、なんて言ったってみんな人が良い!!最終的にはこれに尽きる。

アイドルはみんなそうかもしれませんが、落ち着いていて考え方が達観している人が多いように思います。

 

4.とりあえずめっちゃグローバル

 

NCTには韓国・日本・中国・アメリカ・カナダ・タイ・マカオ・香港・台湾など多様な国籍や背景を持ったメンバーが所属し、23人のメンバー中で、なんと13人が韓国籍以外のメンバーというグローバルさ!

ネオシティでの公用語(みんなが話せる言語)は韓国語ですが、中国語・英語・日本語・タイ語・広東語などなど日々様々な言語が飛び交っています。

アイドルを追いながらでも、世界を感じることができます。

 

5.独特すぎるシステム

 

はい、来ました。

NCTを推す上で避けては通れないこのユニットシステム。

初めての方が見ると全員(23人)でずっと活動してるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、NCTは基本的にユニット単位で活動しています。

1つの大きなNCTというグループの中に幾つかのグループが存在して…という感じがなのですが、LDHのシステムと似ているので、それをイメージしていただければわかりやすいと思います。 

ここでTwitterでとてもとてもわかりやすい画像を見つけたので、少し拝借したいと思います。作ってくださった方ありがとうございます。圧倒的感謝。

f:id:mymidnightstars:20210218145402j:image 

(注:拾い画です)

 

他グルペンから「NCTどうなってるかほんま迷路」とか言われることも多いですが、このNCTの中軸とも言えるユニット制のシステムを理解していただければ、もう怖いものはありません。というか、無理して理解する必要もありません!気がつけば染み込んでいます。

私が思うにNCTは「考えるな、感じろ。」のグループなので皆さん感じましょう。

 

ネオシティの住民紹介

 

これまで雑オブ雑ではありますが、NCTってこういうグループだよ!について語ってきました。これからは少し詳しくNCTのユニット、そしてメンバーを簡単に紹介したいと思いますパチパチパチ

 

ソウルから世界へ羽ばたく「NCT127」 

 

〈メンバー〉

テイル 태일 1994/6/14 韓国  
ジャニー 쟈니 1995/2/9 アメリ "Limitless"(2017年)時に加入
テヨン 태용 1995/7/1 韓国 NCT 全体のリーダー
ユウタ 유타 1995/10/26 日本  
ドヨン 도영 1996/2/1 韓国 ”Limitless”(2017年)時に加入
ジェヒョン 재현 1997/2/14 韓国  
ウィンウィン 윈윈 1997/10/28 中国 WayVの活動のため現在は127としての活動は休止中
ジョンウ 정우 1998/2/19 韓国 "Regular"(2018年)時に加入
マーク 마크 1999/8/2 カナダ NCT DREAMと兼任
ヘチャン 해찬 2000/6/6 韓国 NCT DREAMと兼任

 

 NCT127の「127」は、ソウルの経度に由来しており、ソウルから世界へという意味が込められているとドヨンかテヨンが言っていた気がします。数字の読み方は活動する国や言語によって異なり、基本的には韓国語で「イリチル(일이칠)」。イル活*2のときは日本語で、英語圏などでは英語で挨拶してることが多いです。

 

曲やコンセプト・規模的にもThe NCT と呼ぶことができるグループではないかと思います。

挑戦的なサウンドとコンセプト。それを完全に消化できるメンバーによってイリチルの世界観は生まれ支えられているのです。本当にカムバごとに色んなコンセプトで来るので飽きなんか来ない。

イルデ*3やワールドツアーなども多くしているので、最も活動量があるグループとも言えるのではないでしょうか。

この間1億回再生を達成した「영웅(Kick it)」と私が信仰してやまない「Regular」をお届けします。後は「Cherry Bomb」も馬鹿盛り上がるやつですのでおすすめです。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

尊さは宇宙1  「NCT DREAM

 

〈メンバー〉

 

マーク 마크 1999/8/2 カナダ NCT127と兼任、リーダー
ロンジュン 런쥔 2000/3/23 中国  
ジェノ 제노 2000/4/23 韓国  
ヘチャン 해찬 2000/6/6 韓国 NCT127と兼任
ジェミン 재민 2000/8/13 韓国  
チョンロ 천러 2001/11/22 中国  
チソン 지성 2002/2/5 韓国  

 

2016年8月25日にデビューしたNCT DREAMは当時平均年齢がなんと15.6歳! 本当に幼い頃から活動しています。全員が歳が近いのもあって、幼馴染のような家族のような雰囲気があり、DREAMだけの唯一無二の尊い世界が生まれています。もう本当にDREAMのみんなが笑い合ってるのを見るだけで泣けてきます。

そしてDREAMのコンテンツは正直どれを取っても本当に最高に面白いので色々ぜひ見ていただきたい。健康に良いです。この間マンネ*4のチソンが韓国年齢で成人を迎えたことを記念して成人式が行われたのですが、それが完全にザ・DREAMなのでリンク貼っておきます。

 

www.youtube.com

 

DREAMの卒業制度

全員が幼い年齢でデビューしたDREAMには20歳になったら卒業するという制度がありました。実際にマークが2018年に卒業しています。

ですが!2020年に卒業制度が廃止されることになり、マークがDREAMに帰ってきました。おかえり!マクヒョン!この卒業制度はちょっとややこしいので、詳細については調べてみてください。(丸投げ)

 

 NCT DREAMの甘いキャンディーのようなデビュー曲「Chewing Gum」と涙なしでは見られないマークの卒業前最後のカムバ曲「We Go Up」をご紹介します。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

全員センター級の中華グループ「Way V (威神V)」

 

 〈メンバー〉

クン 1996/1/1 中国 リーダー
テン 1996/2/27 タイ  
ウィンウィン 윈윈 1997/10/28 中国 NCT127と兼任
ルーカス 루카스 1999/1/25 香港  
シャオジュン 샤오쥔 1999/8/8 中国 WayV結成時に加入
ヘンドリー 헨드리 1999/9/28 マカオ WayV結成時に加入
ヤンヤン 양양 2000/10/10 台湾 WayV結成時に加入

 

中国の合弁レーベルLabel V(SMがWayV をプロモーションするために立ち上げられたレーベル)から、元々NCTとして活動していたた4人に新たにSM Rookies*5だった3人が加わり、2019年にデビューしました。

メンバーはもちろん中国国籍もいますが、香港やタイ・台湾など中華系と言っても非常に多国籍なグループです。活動するときの主な言語が中国語という点において少し上記2つのグループとは異なります。なので基本的に曲は中国語です。

ですが、SMに所属しているため、まず韓国語が話せます。他にも英語や広東語、ドイツ語、タイ語などなど色んな言語を操ることができるメンバーが在籍しています。なので極端に言えば通訳さんがいなくても、誰かしらが対応できるという… まさに通訳要らずのグループ。

これぞグローバル人材(大学のキャッチコピー?)

それでいて、7人全員が顎外れそうになるくらいのビジュアル+高いスキル…

いやぁ言葉失っちゃう。

 

ここで私が一番好きな「Take off」をお届けします。

 

www.youtube.com

 

ですが、それだけで終わらないのが威神。

ノリの良さとカオスさは恐らくネオシティNo. 1。これは伝説とされているディズニープリンセスパーティーの写真です。

f:id:mymidnightstars:20210201115347j:plain

普通にみんな美人すぎて眩しいですね。サングラスはあった方がいいかもしれません。

KPOPだけじゃちょっと物足りない!って方には特におすすめしたい…

 

形のあるようでないユニット「NCT U」

 

そろそろ私の語彙力が尽きてきましたが、ネオのネオのネオ「NCT U」の紹介せずに終わるわけにはいきません。

NCT Uの”U”は、”United”の略で、楽曲ごとにメンバーが入れ替わるのが特徴です。

なので、その曲でしか見ることができない特別な組み合わせを見ることができます。

しかもNCT Uは最初にデビューしたユニットなので、ネオカルの根源と呼べるかもしれません。

これがNCTの全ての始まりである、デビュー曲「第7感(The 7th Sense)」です。すでにNCTは第7感に辿り着いているのか!?と思わせる衝撃的なデビュー曲。

www.youtube.com

他にもNCT Uの曲はたくさんあるのでぜひ聴いてみてください。

 

雑かつ簡潔に言うと、127・DREAM・WayVなどのメンバーがごちゃ混ぜになってたらそれはNCT Uです。

 

特別編:その年だけのスペシャルなお祭り「NCT〈西暦〉シリーズ」

 

NCT〈西暦〉シリーズというダサい名前は私が付けました。自白します。

これは何なのかというと、NCTのメンバー全員が参加するユニットです。

各ユニットがごちゃ混ぜになっているという点ではNCT Uの仲間なのですが、全員参加なので特別扱いとします!(私が!)

このお祭りは過去2回開催されておりまして、1回目は2018年。2回目が2020年。

ここでは昨年のNCT2020に少し触れたいと思います。

なぜか?2020年に加入した新メンバーを紹介するためです。

実は新メンバーの2人はまだ固定グループに所属していないのです…

まじでSMさんや、マネジメントしっかりな、頼んだで。

 

f:id:mymidnightstars:20210214113159j:image

ショウタロウ 쇼타로 2000/11/25 日本 2020年加入
ソンチャン 성찬 2001/9/13 韓国 2020年加入

(※左がソンチャン、右がショウタロウ)

この2人のペア「ソンタロ」はここ最近で一番ホットなペアとなっております。

 

 

ついでにファンの間で「5分でわかるNCT2020」と言われている

NCT2020「Resonance」をここでどうぞ。

ネオカルチャーの迫力を感じていただけると思います。

www.youtube.com

 

まとめになってないまとめ

 

 このような感じでNCTの特徴から各ユニットまでつらつらと書いてきましたが、どうだったでしょうか? できるだけNCTについてシンプルに書こうとしましたが、書いている途中で「あれも書かないと」「あ、この情報いるわ」などと追加してしまったので、「これからNCT知りたい!」という方にとってわかりにくくなってしまっていたら申し訳ないと思っている所存です… 

その一方で、持てる限りのシンプルイズベストの精神に則ってややこしい説明や情報を省いたりした部分、敢えて濁した部分などありますが、そこら辺は大目に見てください…

とにかく、NCTは私なんかの語彙力なんかでは語り尽くせないほどに最高で推しがいのあるグループです!!

なので、ただ NCTってこんなグループなんや〜?といった”NCTの目次”のような感じで読んでいただけたら幸いです。

こんな長い目次は見たことありませんが(笑)

 

最後に沼へのチケット(一部ですがTwitterYouTubeのアカウント)を添えて…

 

それでは皆さんのネオシティへの移住をお待ちしております。

 

twitter.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

NCT DAILYチャンネルでの更新はなくなりましたが、過去のコンテンツを見ることができるので是非!

 

 

 

 

 

 

 

*1:=노잼 / 面白くないという意味

*2:日本での活動

*3:=일본 데뷔(イルボンデビュー) / 日本デビューの略

*4:末っ子

*5:公式デビューする前に公開された練習生、プレデビューチーム